意外と知らない給排水設備の話

 

 

こんにちは。シンワクライムの永木です。
普段何気なくおうちの蛇口をひねって出す水、その水はどこから来ているかご存じですか?
シンワクライムはリフォーム専門店ですが、前身は水道の設備工事を行っていた会社なので、水道設備まわりのノウハウや知見は折り紙付き。普段なかなか意識することがない配管まわりのお話ですが、頭の片隅にちょっと知識があるだけで、ご自宅のリフォームの現場の様子がちょっと違って見えるかもしれません♪

冒頭の問いかけに戻りますが、蛇口の水は上水道からおうちの給水設備を通って、蛇口を通り出てきます。どのおうちにも必ず給排水設備というものがあり、水を供給したり排出したりします。

給排水設備は人間に例えると血管のようなもので、詰まったり汚れたりすると大変!安全に日常生活を送るためにも、定期的な点検やメンテンナンスはとても大事になります。

◆給水設備

おうちに水を供給する給水装置には3つの種類があります。
①戸建て:おうちに直結した給水装置
②マンション:地下、もしくは建物の1階に設置される受水槽
③マンション:建物の屋上などに設置される高架水槽

マンションなど集合住宅の場合、屋上に高架水槽が設置されることが多かったですが、現在は高架水槽がなく、地下に水槽があり、加圧給水ポンプで各部屋に供給しています。

◆排水設備

トイレの流した後の汚水と、台所やお風呂などで使用したあとの生活排水の2種類に分かれます。2種類の配管は建物内ではそれぞれ別の配管ですが、外ではひとつの配管に流れ、地面の下に埋まっている下水道管を通って排出されます。

今回は基本的なお話でしたが、おうちのシンク下を開け、配管が見えた時にでもちょっと思い出してみてくださいね(^^) シンク下を開けた時には配管が水漏れしていないかどうかも確認をお願いします♪ それではまた次回の更新でお会いしましょう!