タンクレストイレの人気のヒミツは?

 
  
こんにちは。シンワクライムの秋吉です。
従来のタンク式のトイレに代わり、主流となってきたタンクレストイレ。「タンクレストイレって実際どうなの?」今回はこんな疑問に分かりやすくお答えします!

■タンクレストイレ3つの大きなメリット!

①圧倒的な節水
TOTO製のトイレの場合、10年前は大洗浄の水量が10~13Lだったのに対し、現在は3.8L!(ネオレスト:2021年10月現在)10年前と比べると60%近くも節水になっています。毎日頻繁に流すトイレ、節水の恩恵は大きいですね!

②デザイン・清掃性に優れている
タンクレストイレは便器と便座が一体なので、見た目がスッキリして部材もシンプル。隙間や凹凸が少ないので便器の拭き掃除も楽チンです。オシャレなデザインやカラーバリエーションも豊富なので、おうちの雰囲気に合わせて選ぶのもオススメです♪

③最新機能が搭載されている
除菌、泡洗浄、脱臭機能、中にはスマホとの連動機能がある機種も。メーカーによって搭載している機能は様々ですが、便利な機能が目白押しです!

■デメリットはあるの?
①一体型のためカンタンに修理ができない。

タンク式のトイレの場合は、不具合の部分修理が可能で、便座のみの取替が可能ですが、タンクレストイレは、それが出来ません。便器と便座が一体型になっているので、修理部品の供給が終了した場合は便器と便座まるごと取り替えることになります。

②手洗い器は別に設置する必要がある

タンクレストイレは、その名の通りタンクが無いため手洗い器がありません。トイレ内に設置できるスペースを考慮しながら、手洗い器を別途設置する必要があります。

タンクレストイレのメリットやデメリット、あなたはいくつご存知でしたか? 最新のトイレは各メーカーのショウルームで体感できるので、リフォームをご検討中のあなたは是非体感してみてくださいね!